イコサペント酸エチル粒状カプセル

零売対象処方箋なしで薬局で購入できるイコサペント酸エチル粒状カプセル

処方箋なしのEPA製剤イコサペント酸エチル粒状カプセルの概要

商品名イコサペント酸エチル粒状カプセル300mg
カテゴリーEPA製剤/コレステロール改善薬
先発/ジェネリックジェネリック医薬品
(先発品:エパデール)
価格
(税込)
[イコサペント酸エチル粒状カプセル300mg]
¥2752(84包)

[イコサペント酸エチル粒状カプセル600mg]
¥5200(84包)

[イコサペント酸エチル粒状カプセル900mg]
¥8700(84包)

[LINE割20%OFF適用後価格]
注意点※※処方箋なしで購入できる医療用医薬品は郵送販売(通販)できません※※
効能効果閉塞性動脈硬化症に伴う潰瘍、疼痛および冷感の改善、高脂血症
用法用量①閉塞性動脈硬化症に伴う潰瘍、疼痛および冷感の改善
イコサペント酸エチルとして、通常、成人1回600mgを1日3回、毎食直後に経口投与する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。

②高脂血症
イコサペント酸エチルとして、通常、成人1回900mgを1日2回又は1回600mgを1日3回、食直後に経口投与する。
ただし、トリグリセリドの異常を呈する場合には、その程度により、1回900mg、1日3回まで増量できる。
主成分(有効成分)イコサペント酸エチル
製造販売元沢井製薬株式会社

LINEの登録で『全商品20%OFF』に!

各種お問い合わせいただけます♪

◎お薬の在庫確認
◎お薬のお取り置き
◎その他ご質問

LINEであれば場所・時間を問わず

簡単にお問い合わせができます(^^ゞ

是非ご活用ください!

処方箋なしで買えるEPA製剤イコサペント酸エチル粒状カプセルの特徴

処方箋なしでも買えるイコサペント酸エチル粒状カプセルについて解説したいと思います。


《この記事では以下のことが理解できます》

◎イコサペント酸エチル粒状カプセルの効果、副作用、飲み合わせなど
◎痩せる理由
◎その他注意点

効果について

イコサペント酸エチル粒状カプセルはEPA製剤であり、以下のような効果が認められています。
主に内科領域で処方されるお薬です。

◎閉塞性動脈硬化症に伴う潰瘍、疼痛および冷感の改善
◎高脂血症(脂質異常症
)

血液を固まりにくくすると共に血液の流れを改善します。
また血液中のコレステロールや中性脂肪を低下させます。

閉塞性動脈硬化症とは?

閉塞性動脈硬化症とはその名の通り、動脈硬化によって血管が細くなったり(狭窄)、閉塞によって引き起こされる症状のことを指します。

主に脳の動脈が狭窄・閉塞状態になると脳梗塞を引き起こし、心臓の冠動脈の狭窄・閉塞は心筋梗塞を引き起こします。

結果、栄養や酸素が十分に行き渡らなくなり、手足や足先が冷たくなったり筋肉痛が生じます。

この状態を閉塞性動脈硬化症と呼びます。

主な原因は血中コレステロールの動脈内蓄積です。

高血圧や喫煙は動脈硬化の原因にもなります。

日々の食生活・生活習慣がとても重要です。

高脂血症(脂質異常症)とは?

血液中の脂質にはコレステロール(Cho)や中性脂肪(TG)などの種類があります。

コレステロールは「悪玉コレステロール」、「善玉コレステロール」の2種類に分けられます。

血液中に悪玉コレステロール、中性脂肪が増えすぎてしまった状態を高脂血症(脂質異常症)と呼びます。

これらが長い年月をかけて血液中に付着・蓄積してしまうと血栓を形成し、脳梗塞・心筋梗塞を引き起こします。

副作用について

イコサペント酸エチル粒状カプセルには以下の副作用が報告されています。

〈頻度不明〉

発疹、痒み、出血傾向、貧血、悪心、腹部膨満感、下痢、腹痛、胸焼け、嘔吐、食欲不振、便秘、口内炎、頭痛、頭重感、めまい、ふらつき、眠気、不眠、しびれ、関節痛、筋肉痛、ほてりなど

〈重大な副作用〉

肝機能障害、黄疸

服用していていつもと違う症状が出てきた場合、服用を中止し医師の診察を受けてください。

飲み合わせについて

以下の医薬品との飲み合わせには注意しましょう。

●抗凝血剤
→ワルファリン等

●血小板凝集を抑制する薬剤
→アスピリン、インドメタシン、チクロピジン塩酸塩、シロスタゾール等

服用前に医師か薬剤師に相談しましょう。

イコサペント酸エチル粒状カプセルの注意点

いくつか注意点がありますので、ご確認ください。

共通事項

●月経期間中の方
●出血傾向のある方
●手術を予定している方
●抗凝血剤または血小板凝集を抑制する薬を使用中の方


→これらに該当する方は使用前に必ず医師か薬剤師に相談してから服用してください。

妊婦、産婦、授乳婦等が服用する場合

①妊娠中の使用に関する安全性は確立していないので妊婦または妊娠している可能性のある方は医師に確認してください。

小児等が使用する場合

新生児、乳児、幼児または小児等に対する安全性は確立していません。

使用上の注意

◎噛まずに服用しましょう。
◎保管する際は室温で保管してください。

イコサペント酸エチル粒状カプセルを食直後で服用する理由

イコサペント酸エチル粒状カプセルは空腹時に服用すると吸収が悪くなるので食直後に服用します。

イコサペント酸エチル粒状カプセルは痩せる?

「イコサペント酸エチルは痩せる」という話がよく出ますが、研究結果で証明されております。

香川井下病院循環器内科
[イコサペント酸エチルによる腹部内臓脂肪減少効果ー性差による治療効果の相違についてー]
の研究によってBMI減少が報告されています。

内容は以下の通りです。

〈方法〉
高濃度EPA製剤1800mg/日を6ヶ月服用したグループ(=EPA群)と服用しなかったグループ(コントロール群)のBMIを測定

〈結果〉
""体重,BMI は EPA 群で男女とも有意に減少したが,コントロール群では変化しなかった""

このようにイコサペント酸エチルを服用することでBMIの減少が認められております。

[引用]香川井下病院循環器内科 イコサペント酸エチルによる腹部内臓脂肪減少効果ー性差による治療効果の相違についてー
http://www.jcc.gr.jp/journal/backnumber/bk_jjc/pdf/J031-3.pdf

イコサペント酸エチル粒状カプセルは市販で買える?

イコサペント酸エチル粒状カプセルの有効成分であるイコサペント酸を含む市販薬は存在します。

大正製薬が製造販売している「エパデールT」というお薬です。

その他注意点

■必ず指示された用法用量を守りましょう。
■飲み忘れた時は2回分をまとめて服用せず必ず1回分を服用しましょう。
■出血傾向のある方は服用してはいけません。
■市販薬や処方箋なしで購入できるお薬と併用する際は必ず医師又は薬剤師に相談してから服用してください。
■イコサペント酸エチル粒状カプセルを使用しても症状が改善しない場合は必ず医師の診察を受けてください。

参考文献

添付文書
くすりのしおり