クリアミン配合錠S0.5

零売対象クリアミン配合錠S0.5|処方箋なしで市販で購入できる頭痛薬

処方箋なしで市販で購入販売可能クリアミン配合錠S0.5の概要

商品名クリアミン配合錠S0.5
カテゴリー偏頭痛(片頭痛)治療薬
先発/ジェネリック先発医薬品
価格
(税込)
¥520(10錠)
[LINE割20%OFF適用後価格]
注意点※処方箋なしで市販で購入できる医療用医薬品は郵送販売(通販)できません※
効能効果◎血管性頭痛、偏頭痛(片頭痛)、緊張性頭痛
用法用量通常成人は1回2錠を1日2~3回経口投与する。
頭痛発作の前兆がある場合は2~4錠を頓用する。
なお、年齢・症状により適宜増減する。
ただし、1週間に最高20錠までとする。
主成分エルゴタミン酒石酸塩:0.5mg(1錠中)
無水カフェイン:25mg(1錠中)
イソプロピルアンチピリン:150mg(1錠中)
保管方法室温保存
製造販売元日医工株式会社

LINE登録で全商品20%OFFに!

LINEの活用で場所を選ばず手軽にお問い合わせができます♪

◎処方箋なしのお薬の在庫確認
◎お取り置き
◎その他ご質問

お気軽にお問い合わせください!
個別にご対応いたします!

 

この記事について

本記事は現役薬剤師が以下の内容について執筆しております。

◎処方箋なし市販で購入販売可能なクリアミン配合錠S0.5の効果、副作用、飲み方等
◎薬剤師の視点・経験から見るクリアミン配合錠S0.5について
◎クリアミン配合錠S0.5の注意点

処方箋なし市販で購入販売できる薬剤師の視点・経験から見るクリアミン配合錠S0.5

クリアミン配合錠S0.5は偏頭痛(片頭痛)に特化した薬です。

偏頭痛(片頭痛)は脈打つような痛みや吐き気、めまい、目のチカチカなど特徴的な前兆を伴います。

このような急性の痛みにクリアミン配合錠S0.5は使われます。

3つの有効成分を含み、頭痛の発作における血管を収縮させる働きをします。

頭痛が起きてから時間が経過した痛みよりかは、痛み出した段階で使用すると効果を発揮するような特徴があります。

経験上、偏頭痛(片頭痛)で悩まれている方は薬の効果が切れてしまうと頭痛が起きてしまい、再度服用…
と言ったように服用のループができていることが多いです。

以前使用していた市販の頭痛薬の効果が薄れてしまい、他のものへ切り替えられる方も多く見られます。

処方箋なし市販で購入できるクリアミン配合錠S0.5の効果

処方箋なしで市販で購入可能なクリアミン配合錠S0.5は以下のような効果を持ちます。

◎血管性頭痛、片頭痛、緊張性頭痛
(クリアミン配合錠S0.5添付文書より引用)

→偏頭痛(片頭痛)に特化したお薬と言えます。

クリアミン配合錠S0.5の作用機序

処方箋なしで市販で購入可能なクリアミン配合錠は3つの有効成分を含みます。

◎エルゴタミン酒石酸塩
◎無水カフェイン
◎イソプロピルアンチピリン


これらの作用により頭痛の発作時に拡張した血管を収縮させ、血管周囲の炎症を抑えます。

有効成分のエルゴタミンが血管を収縮させ、カフェインがその作用を増強させます。

イソプロピルアンチピリンは鎮痛成分です。

非処方箋医薬品に該当するため、処方箋なしで市販で購入できるお薬の1つです。

クリアミン配合錠0.5の飲み方

通常成人は1回2錠を1日2~3回経口投与する。
頭痛発作の前兆がある場合は2~4錠を頓用する。
なお、年齢・症状により適宜増減する。
ただし、1週間に最高20錠までとする。

(添付文書より引用)

→1回の服用は2錠です。頭痛の前兆でも使用できます。
1週間に20錠まで服用できます。(注意が必要です)

クリアミン配合錠S0.5の副作用

処方箋なしで市販で購入可能なクリアミン配合錠S0.5の副作用を説明いたします。
(添付文書を引用)

〈5%以上〉

食欲不振

〈0.1%-5%未満〉

発疹、悪心、嘔吐、下痢、腹痛、不眠、めまい、眠気、知覚異常、倦怠感

〈頻度不明〉

局所性浮腫、そう痒感、蕁麻疹、腎障害、頻脈、血圧上昇、不安、頭痛、めまい、四肢筋痛、四肢脱力感etc...

副作用の頻度は限りなく低いですが、服用していていつもと違う症状が現れてきた場合、服用をすぐやめ医師の診察を受けてください。

クリアミン配合錠S0.5の飲み合わせについて

クリアミン配合錠S0.5は以下のお薬との飲み合わせが良くありません。

●5-HT1B/1D受容体作動薬
スマトリプタン(イミグラン)、ゾルミトリプタン(ゾーミッグ)、エレトリプタン (レルパックス)、リザトリプタン(マクサルト)、ナラトリプタン(アマージ)

●麦角アルカロイド
エルゴメトリン、メチルエルゴメトリン (パルタンM)

●ダサチニブ、アミオダロン

●スチリペントール

●β-遮断剤

プロプラノロール等

●アドレナリン、ノルアドレナリン、フェニレフリン

●エチレフリン

●ドロキシドパ

●ブロモクリプチン


→→市販にはないお薬となりますが、服用前に医師または薬剤師に必ず飲み合わせの相談をしてください。

先発/ジェネリックについて

クリアミン配合錠S0.5は先発医薬品になります。
ジェネリック医薬品は今のところ販売されておりません。

クリアミン配合錠A1.0との違いについて

クリアミン配合錠にて「S0.5」と「A1.0」の2種類があります。
有効成分について、クリアミン配合錠A1.0はクリアミン配合錠S0.5の2倍の有効成分が含まれております。

ロキソニン錠との違いについて

クリアミン配合錠とロキソニン錠との違いについて、たまに質問されますので解説いたします。

ロキソニン錠は痛みの原因となる物質を阻害することで鎮痛作用を示します。

クリアミン配合錠は頭痛発作時の血管拡張に対して収縮させるように働きかけ、頭痛を鎮めます。


どちらも偏頭痛(片頭痛)に使用されるお薬ですが、それぞれ作用点が異なります。

その他の注意点

■痛みが起きている時にも服用できますが、前兆がある場合にも服用できます。
■喫煙により作用が強く現れることがありますので、服用中の過度の喫煙は控えてください。
■クリアミン配合錠S0.5は妊娠または妊娠している可能性がある人は服用できません。
■処方箋なしで市販で買えるクリアミン配合錠を使用しても症状が改善しない場合は医師の診察を受けてください。
■市販のお薬と併用する場合は医師または薬剤師に併用の確認をしましょう。
■安全に服用するために、その他のお薬(非処方箋医薬品は市販の薬)と併用する際、飲み合わせなどを薬剤師に確認してから服用しましょう。

参考文献

添付文書
くすりのしおり

この記事を書いた人

〈処方箋なしでも病院のお薬が買える零売薬局〉
Grand薬局 上野店
店主&薬剤師 箱石智史

処方箋なしで市販で購入可能なお薬について質問がありましたらお気軽にお尋ねください♪