カリジノゲナーゼ錠50単位

零売対象カリジノゲナーゼ錠|処方箋なしで市販で買える薬

処方箋なし市販で買える薬カリジノゲナーゼ錠の概要

商品名カリジノゲナーゼ錠50単位
価格¥360(10錠)
[LINE割20%OFF適用後価格]
注意点※処方箋なしで市販で買える医療用医薬品は通販できません※
先発/ジェネリックジェネリック医薬品
(先発医薬品:カルナクリン錠)
効能効果◎下記疾患における末梢循環障害の改善
高血圧症、メニエール症候群、閉塞性血栓血管炎(ビュルガー病)
◎下記症状の改善
更年期障害、網脈絡膜の循環障害
用法用量カリジノゲナーゼとして、通常成人1日30~150単位を1日3回に分割経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。
主成分有効成分(1錠中)
カリジノゲナーゼ:50単位
保管方法室温保存
製造販売元東和薬品株式会社

LINE登録で全商品20%OFFに!

LINEの活用で場所を選ばず手軽にお問い合わせができます♪

◎処方箋なしのお薬の在庫確認
◎お取り置き
◎その他ご質問

お気軽にお問い合わせください!
個別にご対応いたします!

 

この記事について

本記事では以下のような項目について現役薬剤師が執筆しております。

◎処方箋なし市販で購入可能なカリジノゲナーゼ錠の効果・副作用・飲み合わせ等の情報
◎薬剤師の視点・経験からみるカリジノゲナーゼ錠について
◎処方箋なし市販で買えるカリジノゲナーゼ錠の注意点について

薬剤師の視点・経験から見るカリジノゲナーゼ錠

処方箋なしで市販で買えるカリジノゲナーゼ錠ですが、ジェネリック医薬品であり、先発医薬品は「カルナクリン錠」という名前になります。

カリジノゲナーゼ錠は主に眼科領域で処方されることが多いお薬です。

網膜静脈閉塞症の治療で処方されます。
網膜の静脈が詰まると視野低下や失明に繋がります。
網膜静脈閉塞症は高血圧と深い関係があり、高血圧症の方は網膜静脈閉塞症になる確率が上がります。

高血圧にならないためにも日々の食生活はもちろんのこと、運動習慣も大切です。

処方箋なしで市販で買えるカリジノゲナーゼ錠の効能・効果

カリジノゲナーゼ錠は以下の効果を持ちます。
(カリジノゲナーゼ錠「トーワ」添付文書より引用)

●下記疾患における末梢循環障害の改善
高血圧症、メニエール症候群、閉塞性血栓血管炎(ビュルガー病)
●下記症状の改善
更年期障害、網脈絡膜の循環障害

カリジノゲナーゼ錠の持つ作用

処方箋なしで市販で買えるカリジノゲナーゼ錠は以下のような作用を持ちます。

◎血管拡張作用
◎血圧降下作用
◎末梢循環障害改善作用

処方箋なし市販のお薬カリジノゲナーゼ錠の副作用

処方箋なし市販で買えるカリジノゲナーゼ錠で起こりうる副作用は以下の通りとなります。
(カリジノゲナーゼ錠「トーワ」添付文書より引用)

〈0.1%-5%未満〉

発疹、胃部不快感、吐き気、嘔吐、食欲不振、上腹部痛、下痢、便秘、ほてり

〈0.1%未満〉

そう痒感、蕁麻疹、頭痛、頭重、眠気、倦怠感

処方箋なしで市販で買えるカリジノゲナーゼ錠の飲み合わせ

カリジノゲナーゼ錠と飲み合わせの悪いものは以下となります。

●アンギオテンシン変換酵素阻害剤
→高血圧で処方されるお薬です。飲み合わせは薬剤師に相談しましょう。

先発/ジェネリック医薬品

処方箋なし市販で買えるカリジノゲナーゼ錠はジェネリック医薬品です。
先発医薬品としましては、「カルナクリン錠25/50」が販売されております。

処方箋なし市販で買える薬カリジノゲナーゼ錠の注意点

以下に該当する方はカリジノゲナーゼ錠を服用される前に医師または薬剤師に相談しましょう。

●妊婦
→治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与することとされております。

●授乳婦
→治療上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討することとされております。

●高齢者
→減量するなど注意することとされております。一般に生理機能が低下しております。

その他の注意点

■カリジノゲナーゼ錠と他の市販の薬と併用する際は薬剤師等に相談しましょう。
■処方箋なしで市販で買える医療用医薬品は通販できません。
■処方箋なし市販で買えるカリジノゲナーゼ錠を使用しても症状が改善しない場合は医師の診察を受けてください。
■カリジノゲナーゼを含む市販の薬は販売されておりません。

参考文献

添付文書
くすりのしおり(カリジノゲナーゼ錠25単位)
くすりのしおり(カリジノゲナーゼ錠50単位)

この記事を書いた人

〈処方箋なしでも病院のお薬が買える零売薬局〉
Grand薬局 上野店
店主&薬剤師 箱石智史

カリジノゲナーゼ錠は処方箋なしで市販で買えるお薬です。
主に眼科で処方されるお薬です。
服用される際はご自身で判断せず専門家相談してから服用しましょう。
処方箋なしに関するお薬や市販のお薬のご相談はお気軽にどうぞ♪