ヘパリン類似物質油性クリーム

零売対象処方箋なしでも薬局で買えるヘパリン類似物質油性クリーム

処方箋なしの保湿剤ヘパリン類似物質油性クリームの概要

商品名ヘパリン類似物質油性クリーム
カテゴリー血行促進・皮膚保湿剤
先発/ジェネリックジェネリック医薬品
価格¥500 /本
[LINE登録価格]
効能効果◎血行障害に基づく疼痛と炎症性疾患、凍瘡、ケロイドの治療と予防など
用法用量通常、1日1-数回、患部に塗布又はガーゼ等にのばして貼付する。
主成分ヘパリン類似物質
製造販売ニプロ株式会社

処方箋なしで購入できる保湿剤ヘパリン類似物質油性クリームの特徴

本製品の【処方例、副作用、飲み合わせ、注意点、先発・ジェネリック】について解説いたします。

処方箋なしで購入できるお肌のお薬の1つです。

処方例について

ヘパリン類似物質油性クリームは保湿作用、皮膚血行促進作用を持つため、以下の症状で処方されます。

◎皮膚の乾燥
◎凍瘡
◎肥厚性瘢 痕・ケロイドの治療と予防
など

皮膚科・美容皮膚科などでよく処方されます。

副作用について

ヘパリン類似物質油性クリームの副作用としましては、以下が報告されています。
頻度は不明です。限りなく低いです。

◎皮膚刺激感
◎皮膚炎
◎痒み
◎発赤
◎発疹
など

使用していてこのような症状が現れた場合、使用を中止して医師または薬剤師に相談してください。

他の薬との併用について

併用については特に問題はありません。

患部の状態によっては使用できない時もありますので、医師または薬剤師に相談しましょう。

先発/ジェネリックについて

”ヘパリン類似物質油性クリーム”はジェネリックです。

先発医薬品は「ヒルドイドソフト軟膏」になります。

同成分のローションタイプもございます。
ヒルドイドローション
ヘパリン類似物質ローション

ヘパリン類似物質油性クリームの有効成分【解説】

本製品1g中に以下の有効成分が含まれています。

【有効成分】
ヘパリン類似物質

ヘパリン類似物質とは?

以下の作用を持ちます。

◎血流増加作用
◎角質水分保持増強作用

皮膚組織の血液量を増加させる作用や、水分子を引き寄せて保持する特徴があります。

角質層まで成分が届きます。

ワセリンとの違いについて

同じ保湿剤と言えば、「ワセリン」が有名だと思います。

ワセリンは皮膚を覆って水分の蒸発を防ぎます。
フタのような役割を果たします。

対してヘパリン類似物質は角質層で水分子を引き寄せて保持することで保湿効果が生まれます。

その他の注意点

■お薬は必ず指示された用法用量を守りましょう。
■眼粘膜には使用できません。また、潰瘍、傷面には使用しないでください。
■市販薬や処方箋なしの薬との併用する際は、専門家(薬剤師など)に相談しましょう。
■処方箋なしで買えるお薬は通販できません。
■ヘパリン類似物質油性クリームを使用しても症状が改善しない場合は医師の診察を受けてください。

参考文献

添付文書
くすりのしおり

LINEの活用で場所を選ばず手軽にお問い合わせができます♪

◎処方箋なしで購入できるお薬の在庫確認
◎お取り置き
◎その他質問、ご相談

などなど、気軽にお問い合わせください!
個別にご対応いたします!