レバミピド錠100mg

零売対象レバミピド錠100mg|処方箋なしで市販で購入できる胃薬

処方箋なし市販のレバミピド錠100mgの概要

商品名レバミピド錠100mg
カテゴリー胃腸薬(胃粘膜保護薬)
先発/ジェネリックジェネリック医薬品
(先発医薬品:ムコスタ錠)
価格
(税込)
¥400(10錠)
[LINE割20%OFF適用後価格]
注意点※※処方箋なしで買える医療用医薬品は郵送販売(通販)できません※※
効能効果◎胃潰瘍
◎下記疾患の胃粘膜病変の改善
急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期
用法用量〈胃潰瘍〉
通常、成人には1回1錠を1日3回、朝、夕及び就寝前に経口投与する。

〈急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期〉
通常、成人には1回1錠を1日3回経口投与する。
主成分レバミピド
保管方法室温保存
製造販売元キョーリンメディオ株式会社
販売元杏林製薬株式会社

LINE登録で全商品20%OFFに!

LINEの活用で場所を選ばず手軽にお問い合わせができます♪

◎処方箋なしのお薬の在庫確認
◎お取り置き
◎その他ご質問

お気軽にお問い合わせください!
個別にご対応いたします!

 

この記事について

本記事は以下のような項目について現役薬剤師が執筆しております。

◎処方箋なしで市販で購入可能なレバミピド錠100mgの効果・副作用・飲み合わせ等について
◎薬剤師の視点・経験から見るレバミピド錠100mgについて
◎処方箋なし市販で購入できるレバミピド錠100mgについて

薬剤師の視点・経験から見るレバミピド錠100mg

処方箋なし市販で購入できるレバミピド錠100mgは胃粘膜を保護する胃薬です。
胃薬には胃酸を抑制するタイプと胃の粘膜を保護するタイプにざっくり分けられます。

消化器症状の改善で処方される胃薬のレバミピド錠。
レバミピド錠はジェネリック医薬品ですが、先発医薬品は「ムコスタ錠」となります。

割と処方されやすい胃薬なので、外装を見たことのある方が多いのではないでしょうか?
患者様は「ピンク色の胃薬」とよく表現されます。
我々薬剤師でもそのイメージが強いお薬です。

一般的にはロキソニン錠(ロキソプロフェンNa錠)と一緒に処方されることがほとんどです。
ロキソニン錠などの鎮痛剤は胃に負担をかけることから、レバミピド錠100mgがセットで処方されます。

処方箋なし市販レバミピド錠100mgの効果

レバミピド錠100mgは以下のような効果を持ちます。

◎胃潰瘍
◎下記疾患の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善
急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期

レバミピド錠100mgの副作用

レバミピド錠100mgには以下の副作用が報告されております。

◎発疹
◎そう痒感
◎便秘、腹部膨満感、下痢
◎胸焼け
◎腹痛
◎げっぷ
◎浮腫
◎眠気
◎めまい

いずれも頻度は低いです。
レバミピド錠100mgを服用していていつもと違う症状が出てきた場合、使用を中止し医師または薬剤師に相談してください。

また副作用防止のためにも市販のお薬との併用に注意しましょう。

処方箋なし市販のレバミピド錠100mgの飲み合わせ

レバミピド錠100mgは注意すべき飲み合わせは特にありません。

市販にも胃の粘膜を保護する成分がありますので、重複には注意してください。

先発/ジェネリックについて

レバミピド錠100mgはジェネリック医薬品になります。

先発医薬品としましては「ムコスタ錠100mg」が存在します。

その他の注意点

■飲み忘れてしまった場合は、1度に2回分を服用せず、1回分だけ服用してください。
■妊婦、妊娠している可能性のある方は服用の前に専門家に相談してください。
■新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立されていません。
■処方箋なし市販で購入できる医療用医薬品は通販できません。
■他の処方箋なしのお薬(胃薬)または市販薬と併用する際は薬剤師に相談しましょう。
■市販の薬にもレバミピド錠100mgと類似の胃の粘膜を保護する成分を含むお薬があります。重複に注意しましょう。
■レバミピド錠を使用しても症状が改善されない場合は医師の診察を受けてください。

参考文献

添付文書
くすりのしおり

この記事を書いた人

〈処方箋なしでも病院のお薬が買える零売薬局〉
Grand薬局 上野店
店主&薬剤師 箱石智史

レバミピド錠100mgは胃の粘膜を保護するお薬です。
胃腸の調子が優れない時は定期的に胃の検査をしましょう。
処方箋なしのお薬は市販のお薬の相談はお気軽にどうぞ♪