カロナール錠(アセトアミノフェン)

零売対象処方箋なしでも薬局で購入できるカロナール錠

解熱,痛み止めカロナール錠の概要

商品名カロナール錠
カテゴリー解熱鎮痛剤
先発/ジェネリックジェネリック医薬品
(他ジェネリック医薬品:アセトアミノフェン錠)
価格
(税込)
200mg:¥320(10錠)
300mg:¥360(10錠)
500mg:¥400(10錠)

[LINE割20%OFF適用後価格]
注意点※※処方箋なしで買える医療用医薬品は郵送販売(通販)できません※※
効能効果◎下記の疾患並びに症状の鎮痛(①)
頭痛、耳痛、症候性神経痛、腰痛症、打撲痛、捻挫痛、月経痛、歯痛など
◎急性上気道炎の解熱・鎮痛(②)
◎小児科領域における解熱・鎮痛(③)
用法用量〈①の場合〉
通常、成人には1回300-1000mgを経口投与し、投与間隔は4-6時間以上とする。年齢、症状により適宜増減するが1日総量として4000mgを限度とする。

〈②の場合〉
成人には1回300-500mgを頓用する。年齢、症状により適宜増減する。原則として1日2回までとし、1日最大1500mgを限度とする。

〈③の場合〉
幼児及び小児には体重1kgあたり1回10-15mgを経口投与し、投与間隔は4-6時間以上とする。年齢、症状により適宜増減するが、1日総量として60mg/kgとする。ただし、成人の用量を超えないこと。

いずれも、空腹時の投与は避けることが望ましい。
主成分アセトアミノフェン(200mg/300mg/500mg) (1錠中)
製造販売元あゆみ製薬株式会社

LINE登録で全商品20%OFFに!

LINEの活用で場所を選ばず手軽にお問い合わせができます♪

◎処方箋なしのお薬の在庫確認
◎お取り置き
◎その他ご質問

お気軽にお問い合わせください!
個別にご対応いたします!

 

処方箋なしの解熱鎮痛剤カロナール錠(アセトアミノフェン)の特徴

処方例、副作用、その他の注意点など解説いたします。

カロナール錠は非処方箋医薬品に該当するため、処方箋なしで購入できる解熱鎮痛剤の1つです。

作用機序について

中枢神経に作用し、解熱鎮痛効果を発揮します。

さらに、体温調節中枢に作用し熱放散を増やして熱を下げます。

処方例について

効能効果に記載の通り、カロナール錠は様々な痛みに効果を示します。

痛みだけでなく、解熱でも処方されます。

感冒時の解熱でよく処方され、コロナワクチン副反応時の解熱でも処方されることがあります。

副作用について

1日総量1500mgを超す高用量且つ長期投与で、肝障害が起きるリスクが高まるとの報告があります。

また、頻度は少ないですが吐き気や食欲不振も副作用も報告されております。

他の薬との飲み合わせについて

カロナール錠は「アセトアミノフェン」と呼ばれる成分を含みます。

他の処方箋なしのお薬である「SG配合顆粒」は市販の感冒薬にも同成分が含まれることがあります。

併用する際には過量にならないよう、注意しましょう。

基本的には併用しないことをおすすめします。

先発/ジェネリック医薬品について

カロナール錠はジェネリック医薬品です。

他の同成分の薬として、「アセトアミノフェン錠」と呼ばれる薬が販売されております。

その他の注意点

■妊婦、授乳婦の方は服用する前に医師または薬剤師と相談すること。
■市販薬にも同成分(アセトアミノフェン)が含まれていることがあります。他も解熱剤との併用には十分注意しましょう。
■他のお薬(非処方箋医薬品・市販薬)と併用する際は、飲み合わせを薬剤師に確認しましょう。
■1日の中で連続で服用される際は、6時間以上間隔を空けて服用してください。
■カロナール錠を使用しても症状が改善しない場合は必ず医師の診察を受けてください。

参考文献

添付文書
くすりのしおり