ロキソプロフェンNa錠60mg

零売対象ロキソプロフェンNa錠60mg|処方箋なしで市販で購入できる薬

処方箋なしで市販で購入できるロキソプロフェンNa錠の概要

商品名ロキソプロフェンNa錠60mg
カテゴリー解熱鎮痛剤
先発/ジェネリックジェネリック医薬品
(先発医薬品:ロキソニン錠60mg
価格
(税込)
¥340(10錠)
[LINE割20%OFF適用後価格]
注意点※処方箋なしで市販で購入できる医療用医薬品は通販できません※
効能効果①下記疾患並びに症状の消炎・鎮痛
関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、歯痛
②手術後、外傷後並びに抜歯後の鎮痛・消炎
③急性上気道炎の解熱・鎮痛
用法用量〈①・②の場合〉
通常成人に1回1錠、1日3回経口投与する。頓用の場合は1回1-2錠。
空腹時の投与は避けることが望ましい。

〈③の場合〉
通常成人に1回1錠を頓用する。
原則として1日2回までとし、最大3錠(180mg)を限度とする。
空腹時の投与は避けることが望ましい。
主成分ロキソプロフェンナトリウム水和物:60mg(1錠中)
保管方法室温保存
製造販売元皇漢堂製薬株式会社

LINE登録で全商品20%OFFに!

LINEの活用で場所を選ばず手軽にお問い合わせができます♪

◎処方箋なしのお薬の在庫確認
◎お取り置き
◎その他ご質問

お気軽にお問い合わせください!
個別にご対応いたします!

 

この記事について

本記事では現役薬剤師が以下の内容について解説しております。

◎処方箋なしで市販で購入できるロキソプロフェンNa錠の効果・副作用・飲み方・飲み合わせについて
◎薬剤師の視点・経験からみるロキソプロフェンNa錠について
◎処方箋なし市販のロキソプロフェンNa錠の注意点について

薬剤師の視点・経験から見るロキソプロフェンNa錠

ロキソプロフェンNa錠60mgは処方箋なしで市販で購入できるお薬の一部となります。
ロキソニン錠、ロキソプロフェンNa錠は誰しもが使ったことのある成分かと思います。

元々は医療用でしかロキソニン錠(ロキソプロフェンNa錠)は存在しかなかったのですが、安全性などを考慮し市販でも販売されるようになったお薬です。

処方箋なしで市販で購入できる医療用の「ロキソプロフェンNa錠60mg」錠というお薬はジェネリック医薬品であり、先発医薬品の名前は「ロキソニン錠60mg」となります。

ロキソプロフェンNaという成分が主成分となり、解熱作用、鎮痛作用を示します。

ちなみに市販では「ロキソニンS」という名前で販売されております。(他のシリーズもあり)
市販の薬、医療用、どちらも同じ有効成分です。

処方箋なし市販のロキソプロフェンNaは少し胃に負担がかかるため、胃粘膜保護剤(ムコスタ錠、レバミピド錠)とセットで処方されることが多いお薬です。

処方箋なしで市販で購入できるロキソプロフェンNa錠の効果

上記でもロキソプロフェンNa錠の効果について少し触れましたが、以下の効果があります。
(ロキソプロフェンNa錠「クニヒロ」の添付文書より引用)

①下記疾患並びに症状の消炎・鎮痛
関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、歯痛
②手術後、外傷後並びに抜歯後の鎮痛・消炎
③下記疾患の解熱・鎮痛
急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)


市販のロキソニン錠も同じ有効成分を含みます。

処方箋なしで市販で購入できるロキソプロフェンNa錠の副作用

処方箋なしで市販で購入できるロキソプロフェンNa錠の副作用は以下の通りです。
(ロキソプロフェンNa錠60mg「クニヒロ」の添付文書より引用)

〈頻度不明〉

発疹、そう痒感、蕁麻疹、発熱、腹痛、胃部不快感、食欲不振、悪心・嘔吐、下痢、消化性潰瘍、便秘、胸焼け、口内炎、消化不良、口渇、腹部膨満、動悸、眠気、頭痛、めまい、浮腫、顔面熱感、倦怠感、発汗etc...

→処方箋なしで市販で買えるロキソプロフェンNa錠またはロキソニン錠は「胃腸障害」が有名な副作用となります。
胃が弱い方がロキソプロフェンNa錠を服用する場合、胃粘膜保護薬と一緒に服用しましょう。

先発/ジェネリックについて

処方箋なしで市販で購入できるロキソプロフェンNa錠60mgはジェネリック医薬品となります。
先発医薬品として「ロキソニン錠60mg」がございます。

ロキソプロフェンNa錠と他のお薬の飲み合わせについて

処方箋なしで市販で購入できるロキソプロフェンNa錠と飲み合わせで注意すべきものは少ないですが、以下のお薬との併用には注意が必要です。
(市販にはないお薬です)


●血液サラサラにするお薬
●ニューキノロン系抗生剤
●メトトレキサート(メトレート)

etc...

また、ロキソプロフェンNa錠と他の鎮痛剤を併用すると胃腸障害が出やすくなる可能性があります。
市販の鎮痛剤と間違って併用してしまう可能性があるので注意が必要です。

ロキソプロフェンNa錠の注意点

処方箋なしで市販で購入できるロキソプロフェンNa錠の注意点をご紹介いたします。

高齢者の方

高齢者では副作用があらわれやすいので処方箋なしのロキソプロフェンNa錠を慎重に服用する必要があります。
市販のお薬も同様です。

妊婦、産婦、授乳婦等の方

(1)妊婦(妊娠末期以外)又は妊娠している可能性のある女性には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用することとされております。
(2)妊娠末期の女性には使用しないこととされております。
(3)授乳中の女性に投与することを避け、やむをえず投与する場合には授乳を中止させることとされております。

小児の方

低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立されておりません。

その他の注意点

■処方箋なし市販のロキソプロフェンNa錠は空腹時の服用は避けてください。
■他の処方箋なしのお薬と市販の解熱鎮痛剤との併用には注意しましょう。
■他のお薬(処方箋なしの薬や市販の薬など)と併用する際、飲み合わせを薬剤師に確認してから服用しましょう。
■消化性潰瘍のある方、妊娠末期の女性は服用できません。妊婦の方は処方箋なしの薬や市販薬を使用する場合は注意が必要です。
■処方箋なしで市販で購入できるロキソプロフェンNa錠を使用しても症状が改善しない場合は医師の診察を受けてください。

参考文献

添付文書
くすりのしおり

この記事を書いた人

〈処方箋なし市販で病院のお薬が買える零売薬局〉
Grand薬局 上野店
店主&薬剤師 箱石智史

ロキソプロフェンNa錠60mgはロキソニン錠60mgのジェネリック医薬品です。

処方箋なしで市販で購入できるお薬の一部です。

空腹時の服用は避けて食後に服用しましょう。