ロキソニン錠60mg

零売対象ロキソニン錠60mg|処方箋なし市販で購入できる痛み止め

処方箋なし市販で購入できるロキソニン錠60mgの概要

商品名ロキソニン錠60mg
カテゴリー解熱鎮痛剤(痛み止め)
先発/ジェネリック先発医薬品
(ジェネリック医薬品:ロキソプロフェンNa錠60mg
価格
(税込)
¥520(10錠)
[LINE割20%OFF適用後価格]
注意点※※処方箋なし市販で購入できる医療用医薬品は郵送販売(通販)できません※※
効能効果◎下記疾患並びに症状の消炎・鎮痛(①)
関節リウマチ、変形関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、歯痛、
◎手術後、外傷後並びに抜歯後の鎮痛・消炎(②)
◎下記疾患の解熱・鎮痛(③)
急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)
用法用量当ページ中盤にて記載済み。
タイトル「ロキソニン錠60mgの飲み方」をご参照ください。
保管方法室温保存
主成分ロキソニン錠60mg 1錠中に以下の有効成分を含む。
ロキソプロフェンナトリウム水和物:60mg
製造販売元第一三共株式会社

LINEの登録で『全商品20%OFF』に!

各種お問い合わせいただけます♪

◎お薬の在庫確認
◎お薬のお取り置き
◎その他ご質問

LINEであれば場所・時間を問わず

簡単にお問い合わせができます(^^ゞ

是非ご活用ください!

この記事で得られること

本記事では現役薬剤師がロキソニン錠60mgについて以下のような項目の解説をしております。

◎処方箋なし市販で購入可能なロキソニン錠60mgの効果、副作用、飲み方、飲み合わせ等について
◎薬剤師の視点・経験から見るロキソニン錠60mgについて
◎処方箋なし市販で購入できるロキソニン錠60mgの注意点について

薬剤師の視点・経験から見るロキソニン錠60mg

ロキソニン錠60mgは処方箋なし市販で購入できる解熱鎮痛剤です。

ロキソニン錠60mgは1986年に第一三共株式会社から発売され、今では市販のお薬でも取り扱われるようになり、国民を支えているお薬と言っても過言ではないでしょう。

その名の通り、発熱を抑え、様々な痛みを取り除く効果があります。

ロキソニン錠60mgは風邪などによる発熱時や、頭痛、歯の痛み、腰痛、関節痛(関節リウマチ等)、生理痛など様々な場面で活躍しております。

内科から整形外科など幅広い分野で処方されるお薬です。

ロキソニン錠60mgの作用機序的に胃腸に負担がかかる特徴があります。
そのため必ず食後に服用するように指導されます。

副作用予防のために胃粘膜保護薬である「ムコスタ錠(レバミピド錠)」をセットで処方されるケースが多いです。

上限は1日3錠までとなっております。
副作用防止のために用法用量は必ず守って服用しましょう。

処方箋なし市販で購入できるロキソニン錠60mgの効果

処方箋なし市販で購入可能なロキソニン錠60mgには以下の効果があります。
(ロキソニン錠60mg 添付文書より引用)

◎下記疾患並びに症状の消炎・鎮痛
関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、 頸肩腕症候群、歯痛
◎手術後、外傷後並びに抜歯後の鎮痛・消炎
◎下記疾患の解熱・鎮痛
急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)

処方箋なし市販のロキソニン錠60mgの飲み方

【下記疾患並びに症状の消炎・鎮痛】
関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、歯痛
【手術後、外傷後並びに抜歯 後の鎮痛・消炎】

→通常、成人にロキソプロフェンナトリウム(無水物として)1回60mg、1日3回経口投与する。
頓用の場合は、1回60-120mgを経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。
また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。

【下記疾患の解熱・鎮痛】
急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)

→急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)
通常、成人にロキソプロフェンナトリウム(無水物として)1回60mgを頓用する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。
ただし、原則として1日2回までとし、1日最大180mgを限度とする。
また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。

処方箋なし市販で購入できるロキソニン錠60mgの副作用

ロキソニン錠60mgの副作用として以下のものが報告されております。
(ロキソニン錠60mg 添付文書より引用)

〈0.1%-2%未満〉

発疹、そう痒感、腹痛、胃部不快感、食欲不振、悪心、下痢、便秘、胸やけ、口内炎、腹部膨満、口渇、眠気、蛋白尿、浮腫、顔面熱感

〈0.1%未満〉

嘔吐、動悸、血圧上昇、頭痛、めまい、しびれ等

〈頻度不明〉

発熱、蕁麻疹、消化性潰瘍、小腸・大腸の潰瘍、消化不良、貧血、血尿、排尿困難、尿量減少、胸痛、倦怠感、発汗等

→ロキソニン錠60mgを服用していて副作用と思われる症状があらわれた場合、使用を直ちにやめ医師の診察を受けてください。

処方箋なし市販で購入できるロキソニン錠60mgの飲み合わせ

ロキソニン錠60mgは以下のお薬との飲み合わせに注意しましょう。

●クマリン系抗凝血剤

ワルファリン
●第Xa因子阻害剤
エドキサバントシル酸塩水和物等
●スルホニル尿素系血糖降下剤
クロルプロパミド等
●ニューキノロン系抗菌剤
レボフロキサシン水和物等
●メトトレキサート
●リチウム製剤

炭酸リチウム
●チアジド系利尿薬
ヒドロクロロチアジド等
●降圧剤
ACE阻害剤、アンジオテンシンII受容体拮抗剤等

→いずれのお薬も市販には販売されていないお薬です。
市販のお薬の中で注意すべきものは、他の鎮痛剤と併用です。
基本的に鎮痛剤の重複は良くありません。

ロキソニン錠60mgを服用する前は必ず医師または薬剤師に飲み合わせの確認をしましょう。

処方箋なし市販で購入できるロキソニン錠60mgの注意点

以下に該当する方は注意しましょう。

・消化性潰瘍の既往歴のある方
・血液の異常又はその既往歴のある方(重篤な血液の異常のある患者を除く)
・心機能異常のある方(重篤な心機能不全のある患者を除く)
・気管支喘息の方(アスピリン喘息又はその既往歴のある患者を除く)
・潰瘍性大腸炎の方
・クローン病の方
・重篤な腎機能障害のある方
・腎機能障害又はその既往歴のある方
・重篤な肝機能障害のある方
・肝機能障害又はその既往歴のある方(重篤な肝機能障害のある患者を除く)
・妊娠後期の女性
・妊婦(妊娠後期を除く)又は妊娠している可能性のある女性
・授乳婦の方
・小児等
・高齢者

先発/ジェネリック

ロキソニン錠60mgは先発医薬品です。

ジェネリック医薬品としましては、「ロキソプロフェンNa錠60mg」が販売されています。

その他の注意点

■市販のロキソニン錠の場合、商品によっては1錠あたりの有効成分の量が異なる場合があります。医療用のロキソニン錠60mgは、1錠あたり有効成分が60mg配合されています。
■他の処方箋なしのお薬や市販のお薬と一緒に服用する場合は、飲み合わせを薬剤師に相談して服用してください。
■他の解熱鎮痛剤との併用しないよう注意しましょう。
■妊娠後期の方は服用できません。
■処方箋なし市販で購入可能なロキソニン錠60mgを使用しても症状が改善しない場合は必ず医師の診察を受けてください。
■ロキソニン錠60mgを含む処方箋なしのお薬は通販できません。

参考文献

添付文書
くすりのしおり

この記事を書いた人

〈処方箋なしでも病院のお薬が買える零売薬局〉
Grand薬局 上野店
店主&薬剤師 箱石智史

処方箋なし市販で購入可能なロキソニン錠60mgは現在は市販のお薬でも販売されております。

しかし用法用量が異なる場合がありますのでご注意ください。

また副作用予防のためにも空腹時の服用は必ず避け、用法用量をしっかり守って服用しましょう。

処方箋なしのお薬や市販のお薬のご相談はいつでもどうぞ♪