【漢方】気の異常について

体内を構成する「気・血・水」

その中の「気」は主に生命活動に必要なエネルギーを指します。

3つのバランスが1つでも崩れると体調不良になると言われています。

今回は気の異常について解説いたします。

気の異常の種類

気の異常は3種類存在します。

①気逆
②気滞
③気虚

気逆とは?

気逆とは、体内の気の流れが乱れているため、「気が逆流している状態」です。
気の正常な流れは上半身から下半身に流れますが、気逆状態になると下半身から上半身に流れます。

上半身へと流れるために、頭痛やめまい、ゲップなどの症状が引き起こされます。
また、顔がのぼせてしまうこともあります。

更年期障害のようみ似た症状が現れるのが特徴です。

気逆の症状

◎咳
◎呼吸の乱れ
◎吐き気
◎嘔吐
◎ゲップ
◎のぼせ
◎動悸
◎冷や汗など

気逆に処方される漢方薬

◎苓桂朮甘湯
◎苓桂甘棗湯
◎桂枝加竜骨牡蛎湯

気滞とは?

気滞とは、「気が滞った状態」です。
気がスムーズに流れず、全身にエネルギーが行き渡らなくなります。

気滞は血・水に悪影響を及ぼすことにより、他の臓器の機能を低下させます。
気滞の主な原因は、ストレスです。
定期的に休暇して体を休めましょう。

気滞の症状

◎イライラ
◎落ち込み
◎月経周期のバラつき
◎生理前に胸が張って痛む
◎生理前にイライラしたり情緒不安定
◎寝つきが悪い

気滞に処方される漢方薬

◎半夏厚朴湯
◎加味逍遙散
◎四逆散
◎柴胡加竜骨牡蛎湯

気虚とは?

気虚とは、「気が不足した状態」です。

エネルギー不足状態とも言えます。

または、エネルギーの消耗が激しい状態です。

気虚の症状

◎だるい
◎疲れやすい
◎集中力が持続しない
◎風邪をひきやすい
◎食後眠くなる
◎やる気が起きない
◎肌のたるみ


《気虚の女性の場合》
◎経血が少ない状態がだらだら続く、経血の色が淡い・サラサラ
◎不妊症
◎PMS
◎多膿疱性卵巣症候群
◎不正出血
◎むくみ

気虚に処方される漢方薬

◎補中益気湯
◎六君子湯
◎十全大補湯

まとめ

今回は「気」の異常についてまとめました。
気は精神をコントローする役割もあるので、体の基本でもあります。
体質を改善する際、まずは気から改善すると良いでしょう。

LINEの活用で場所を選ばず手軽にお問い合わせができます♪

◎処方箋なしで購入できるお薬の在庫確認
◎お取り置き
◎その他質問、ご相談

などなど、気軽にお問い合わせください!
個別にご対応いたします!